ちょっとした毎日の出来事、楽しかったことおもしろかったことをおすそわけ♪
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 09月 07日 ( Sun)
泊まってきました。病院に(泣
るっち、先々週の終わりにお腹に小さなぽっちが。
土曜日だったので様子を見ていると、月曜日にはお腹の右半分に帯状に広がるぽっち。
いや、もう、ぶつぶつ。
さーちゃんの午前保育が終わるのを待って病院へ。

帯状疱疹

ですって。
夏の疲れ。。かしら。
ぶつぶつ以外は本当に元気だったので、
『帯状疱疹か~』
位に軽く考えてた私。
次の先生の言葉にビックリ。

『お母さん、帯状疱疹はね、昔の人は体を疱疹が一周したら死ぬ。って言っていたくらい大変な病気だからね。しっかりお薬を飲んで、塗り薬を塗って休養させてください。そして、水曜日に絶対来てね!!』

そして水曜日。
疱疹の状態を診たお医者さん。

『思ったより、かれてないねぇ。明日、うちはお休みだから、金曜日にもう一度来てね。治りが悪かったら入院して点滴で治したほうがいいかもしれない。』

心の中で

『えぇ!!入院!??』

と思いつつ、病院を後にした日の午後。
るっち発熱。
お昼寝の後に気がつき病院へ電話をすると、

『紹介状を書きますので入院の準備をしてとりに来てください。』

そんなわけで水曜日の夜から3泊4日。
本人はいたって元気だったのですが、うつる可能性がある病気なので個室から1歩も出られず、腕に点滴をつけ過ごしました。
そして、私も一緒に、個室にこもりっきり。
小さいベッドで添い寝をして、食事はありがたいことに義父母にお世話になりました。
さーちゃんは急なことだったので幼稚園を2日お休み。
義父母宅で過ごすことに。
お見舞いに来てくれるのですが、帰りに
『ママと一緒がいい~!!!』
と大号泣。あまりの必死さにコチラも号泣。
みんなが帰った後は、るっちが
『るっちも帰りたい~』
と号泣。
精神的にもつらかった入院生活でした。
後日、病院のお医者さんに聞いたお話。
さーちゃん、大号泣の後、パパとロビーで

『さーちゃんはどうしたらいいの??』

とやっぱり泣いていて、お医者さん(女性)も切なくなったそうです。
私、病室の写真でも。と思いましたが、あまりに気がめいって×。
写真もなしの更新です。
今週の水曜日が再診のるっち。
はやくお外で遊べるようになるといいのですが。。。

それにしても。。。




土曜日の午前中に退院した後、うちに帰って部屋の片付け、洗濯。
やらなきゃいけないことがてんこ盛り。
私も休みたいよおぉ。
晩御飯はお弁当にしよう!!
と疲れ果てて夕方寝てしまった私。
帰ってくるはずのオットが、なかなか帰ってこず。
結局、ご飯のしたくもする羽目に。
健康第一。
を痛感した日々でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ともさん、おはようです!

入院大変でしたね、妊婦さんなのに><
入院は体力も気力も使って疲れきってしまいますよね。。
今度はともさんが体調崩さないようにしてくださいね。
早くスッキリよくなってお外で遊べるようになりますように、お大事にしてね。
2008/09/09(火) 08:45:41 | URL | 30 #axy2GuKg[ 編集]
30さんへ
30さん、こんにちは☆

入院、タイヘンでした~。
個室、出られない、小さいベッド。
というのがね~。
一晩は私の足がつってね、思わずナースコールしようかと思っちゃいました(笑
どんなに散らかっていても、いろんなことを自分でしないといけなくても、やっぱり我が家がいいなぁ。と思った入院生活でした。
チビスケの帯状疱疹、今日の外来で
『もう大丈夫でしょう』
といわれました。
これで、彼も思う存分外で遊べるわ^^
お姉ちゃんだけ出ると、やっぱり自分も遊びたくてぐずぐず言ってなだめるこっちもつい怒っちゃったりしてタイヘンだったので。
健康第一。
30さんもお体には気をつけてくださいね☆
2008/09/10(水) 13:59:27 | URL | とも #Xxbuz0F2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2017 とも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。