ちょっとした毎日の出来事、楽しかったことおもしろかったことをおすそわけ♪
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 03月 03日 ( Sat)
興味のない方はスルーしてくださいね☆

+++

るっち、1歳と1ヶ月と10日の昨日、おっぱいバイバイの日決行日。
といっても、昨日の午前中、私が勝手に決めた決行日。

理由① 最近、『パイ』といわれておっぱいをあげてもちょっと口をつけて飲むのをやめてしまう。
理由② おっぱいをおいしそうに飲まない(たまに、『オェ』とか言われてしまう)
理由③ ごはんをあまり食べない。

午前中の授乳時が理由②の状態。
飲みたくないのなら飲んでもらわなくていいよー!!
そう思い、密かに断乳決行。

午前中のお昼寝 → 抱っこ、背中トントンで寝かしつけ成功。
午後 → 『パイ』といわれたらお茶、牛乳でごまかす。
夜7時 → 抱っこで寝かしつけ成功。

簡単におっぱいとバイバイしてくれるかも!?
そんな期待を胸に抱きつつさーちゃんの寝かしつけタイム、午後8時。
るっちが目を覚ましたのでオットにるっちを託し、さーちゃんとお布団へ。
るっちの泣き声が気になって寝かしつけに集中できない私。
当然、さーちゃんも寝ず。
オットと役割交代。
るっちの寝かしつけに挑む私。

抱っこ → のけぞって嫌がる。
お布団に寝かせてみる → 転げまわって号泣。
再び抱っこ → 大号泣。頭をかきむしって泣き叫ぶ(ここで私も涙(笑))
『もうね、おっぱい、ないないしたんだよ。もうないんだよ。』
お茶を飲ませても落ち着かず、頭をかきむしり泣き叫ぶ我が子。
泣きつかれて一瞬眠るもすぐに目覚めて大号泣。
抱っこしている私も切ない。
心が揺れる。

もう、おっぱいをあげてしまおうか。
でも、もう2時間も我慢させてるよ。ここでくじけたらまた同じ思いをるっちにさせるんだよ。かわいそうじゃない?

2つの気持ちで揺れる。
もう一度お布団に寝かせて添い寝をする。
服の上からおっぱいを飲もうとするるっち。
どうしよう。。。。
さーちゃんと添い寝をしたまま寝てしまったオットを起こして聞いてみる。

私 『るっち、どうしたらいい?』
夫 『おっぱいは?』
私 『あげてないよ』
夫 『ずっと泣いてるの?』(ここで眠気が飛んだようである)
夫 『かわいそうだよ!おっぱいあげなよ!』

私の気持ちもおっぱいをあげるほうに傾いていた。
後押しが欲しかった。

そして、おっぱいバイバイの日失敗。惨敗。
るっちの粘り勝ち。

当分、おっぱい生活続くだろうな。
いいよ、とことん付き合うよ。
君が本当におっぱいがスキだってコトがわかったから。

おっぱいバイバイって切ないですね。
私ね、るっちを抱っこしながら
『1年1ヶ月と10日、一日に何回もおっぱいあげてたんだよなぁ』
『次、妊娠することがなかったらもう、おっぱいをあげるって体験できないんだよなぁ』
『私のへなちょこなおっぱいでもるっちの安定剤になってるんだなぁ』
いろんなことを考えて泣いてしまいました。
さーちゃんの時は、本当にあっさりおっぱいから離れてくれたので、こんなこと考える暇もなかったなぁ。
案外、私のほうがおっぱいバイバイできないのかも。。。。です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2017 とも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。