ちょっとした毎日の出来事、楽しかったことおもしろかったことをおすそわけ♪
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年 05月 17日 ( Wed)
来月で3歳になるさーちゃん。
もうすこしで4ヶ月になるるっち。
私には2人の子供がいます。
が、さーちゃんを授かるまで『不妊症』でした。
今でもそうなのかもしれませんが。

仕事をやめたのをきっかけに結婚4年目にして不妊治療専門病院へ。私も、オットもいろいろな検査を受けた結果。

右卵管閉鎖
フーナーテスト不良

2つの原因がみつかり、AIH(人工授精)をすることに。
自分の体に問題があることのショックやAIHへの不安。
いろんなもやもやがありましたが、AIHで子供が授かる可能性があるのなら。
そんな気持ちで挑んだ1回目。
陽性反応が出たもののホルモン値があがらず5週目で流産。
その4ヵ月後に2回目のAIH。
結果、陽性。
喜びよりも不安のほうが大きかった妊娠初期。
そうして、私たちのところにやってきてくれたのがさーちゃんです。

そしてるっち。
さーちゃんの断乳が終わるとほぼ同時に不妊治療専門病院へ。
オットの転勤のため、また新しい病院で検査から。
もどかしい気持ちでいっぱいでした。
原因はわかっている。
と、私は思っていましたから。
不妊治療検査では必ずといっていいほど行う卵管造影検査。
この検査で私もビックリする結果が。
『卵管、通ってるよ』
先生の一言。
『は??』
間抜けな私。
造影剤の圧力で卵管のとおりが良くなることがあるのは知っていましたが、まさか卵管が通るなんて!!
その後、まさかの自然妊娠。

そうして2人の子を授かることができました。

前置きが長くなりましたが、
るっち、あやせば声を出して笑う、とってもかわいい時期になりました。
そんなるっちをみていて思うこと。

『もうひとりほしいな』

オットも同意見のよう。
本当は、もうひとりといわず、何人でもほしい。
けれども、生活のことや、年齢のこと。
もしかしたらまた、不妊治療病院にかからなければいけないかもしれないこと。
それらを考えると何人でも。。。
というわけにはいかない現状。
世の中、少子化だというけれども、産みたくても産めない人もたくさんいると思う。
私たちのように。

もっと子育てにやさしい日本になりますように。


参加してます♪
   ↓




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2017 とも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。